本文へ

(順不同)

 

宮森千嘉子 (Chikako MIYAMORI)

<地球村> プログラム
<文化の世界地図と世界のルール> セミナー

経歴

青山学院文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒業
itim Japan 代表

Chika Miyamori

サントリー広報部勤務後、HP、GE の日本法人にて社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括。組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。世界30カ国以上を訪れ、50カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様化のあるチームの持つポテンシャルに感動し、同時に運営の難しさを痛感する。英国、スペインを経て現在米国在住。企業、教育機関などでの豊富なトレーニング、講演実績を持つ。

ミッション

“ダイバーシティを活かすリーダーの懐刀になる!”

専門領域

異文化マネジメント、異文化適応力、組織文化、変革促進、戦略コミュ二ケーション

資格

ホフステードセンターマスタートレーナー、認定プラクショナー
(組織文化、変革促進、異文化マネージメント)
IRC(異文化適応力診断)認定ファシリテーター、
CQ(cultural intelligence)診断認定ファシリテーター
トラスト認定プロフェショナルコーチ
デールカーネギー トレーナーコース終了

共著

「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)

 

佐藤彩瑛子 (Saeko SATO)

<地球村> プログラム

経歴

日本女子大学、文学部日本文学科3年在学saeko sato

福島県出身、日本女子大学で中国思想を専攻中。中・高等学校の国語科教員を目指す。 あしなが育英会の「あしなが心塾」塾生。

ミッション

次世代教育として、グローバル教育の普及に力を尽す。

 

外薗明博 (Akihiro HOKAZONO)

<地球村> プログラム

経歴

中京大学体育学部(健康学専攻)卒業
株式会社メキキ(一般社団法人 メキキの会、志教育プロジェクト)所属

愛知県出身。
アフリカ・ウガンダ共和国にて、青年海外協力隊体育隊員として幼・小・中・高・大学生に体育教科の普及と「スポーツや野球型スポーツの教育的価値」を広める。500日間、戦災孤児たちに外薗認定講師野球を通した人間教育を指導。さらに、紛争で閉ざされていた2年に1度行われる、15カ国10000人規模のアフリカ大陸大学スポーツオリピック大会All Africa University Game2008の開会式を指揮し、日本人で初めて選ばれ成功に導く。帰国後は、3年間教鞭をとり、離島で1200名の不登校児と向き合い、独自で日本人の誇りと自信を取り戻す「志」体験型教材や映像教材を開発する。その後、2年間あしなが育英会あしなが心塾職員として国内外の遺児大学生に生活支援・指導主任兼アフリカ研修指導員として活躍。 国境、人種、宗教を越えて「志」で繋がる教育を実践。

ミッション

日本人の誇りと自信を取り戻し、世の中の格差をなくし、世界平和を実現すること。

海外活動

元青年海外協力隊体育隊員ウガンダ派遣(2007.9-2009.9)
あしなが育英会・アフリカ高等教育遺児教育支援100年構想遺児リクルートチームリーダーとして東西アフリカ5カ国訪問(2015.4-5)

資格

日本メンタルヘルス協会「公認メンタルカウンセラーベーシック免許取得」
一般社団法人志教育プロジェクト「志教育公認講師」